★チュウボウタイムズ★

 ~「食」のプロがお伝えする現場の奮闘記~
  この笑顔が見たくって私たちはお仕事させていただいています。
  これからも、幸せなひと時を作るお手伝いをさせてくださいね

カテゴリ:管理栄養士 > ミニ知識



おはようございますとってもお久しぶりでございます


今日は早朝から仕事しております


突然ですが、皆さんはトマトジュースお好きですか?


私は幼いころ、トマトジュースと青汁が大好きな変わった子でした… 


たくさん飲みすぎての反動で、少し苦手になり、まったく受け付けなかった時期が長らく続きましたが


最近になって、身体がトマトジュースを欲するようになりました


毎日コップ1杯は欠かさず飲んでいます。


トマトを摂取することによって

抗酸化作用

疲労回復促進効果

生活習慣病予防・老化防止

など、様々な効果があります。


どおりで……自然と身体が欲するわけです


ちなみに、生のトマトとトマトの加工品は栄養成分の差はほとんどありませんが、加工品は、食塩が添加されているので塩分に注意してくださいね。(食塩無添加のトマトジュースおススメです


皆さんも夏の疲れをトマトジュースで癒してみませんか


朝食、きちんと食べていますか?

みなさんお忙しいとは思いますが...朝ご飯を食べる時間作っていますか?

厚生労働省の調べ(平成26年国民健康・栄養調査)によると
朝食を食べない人の割合は
男性14.3% 女性10.5%でした。
さらに、男女とも20歳代が最も高いという報告があります。

朝食は身体と頭が活動を開始するためのスイッチです。
朝食を摂ることで、体温が上がり、身体が目覚め、
大脳にエネルギーが供給されて集中力を高めるほか、
胃腸が刺激されて排便リズムが整い、便秘になりにくくなるなど
様々な効果が期待できます。

皆さんは「目覚ましごはん」という言葉を聞いたことありませんか?
私も数年前によくテレビのCMで見かけたものです。
「目覚ましごはん」という言葉には、実はこのようなたくさんの意味が
込められているのです。

では、朝食を摂らないと、どのようなことが起こるのでしょうか?
空腹を感じ、食欲が出てくる時間がずれる → 
 昼食・夕食がずれ、食事リズムが乱れる → 
 空腹を感じやすい夕食に食べ過ぎる  → 
 遅い食事時間はエネルギー消費が少なくなる → 
 エネルギーが脂肪として蓄積される → 
 遅い夕食のため翌朝の食欲が低下する 
(この繰り返しで、朝食抜きの負のスパイラルに陥ってしまいます。)

簡単なものでもいいので、とにかく朝ごはん!!
朝に時間がない方は、手軽に食べられて脳のエネルギーになる炭水化物を摂ることから
始めましょう!
例えばおにぎりやサンドイッチなどです。


今日は女の子の節句、ひな祭りですね。
厨房スタッフとの会話の流れから、それぞれの出身地によって、
ひなまつりに食べるものが 違うということがわかりました。

≪愛知県≫
伊賀饅頭・おこしもの

#12

≪兵庫県・岐阜県≫
菱餅・桜餅・ひなあられなど ←←これらは全国的に食べますね。

≪長崎県≫
桃カステラ

#13

私も愛知県に来てから伊賀饅頭やおこしものを知りました。
愛知県出身のスタッフは、伊賀饅頭 は全国的に食べられているものだと思っていたようです。
長崎の桃カステラは見た目、とっても可愛いですが、めちゃめちゃ甘いお菓子です。
カステラ生地の上に桃の形に整えた砂糖のフォンダンがのっています。
桃の部分は砂糖が一般的 ですが、お店によってはチョコだったりもします。(ほぼ稀ですが…)

地域によって、同じ行事でも食べるものがこんなにも違うとは…面白いですね。
いろいろな県の食べ物…
知らない事ばかりなので、またいろいろな人に話を聞けたらと思います。


このページのトップヘ